メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新歌舞伎座公演

同世代ファンと築くステージ 舟木一夫が来月

 「舟木一夫特別公演」が3月4〜23日、大阪市天王寺区の新歌舞伎座で開かれる。芝居と歌のステージの2部構成で、前半は昨年の座長公演で好評だった娯楽時代劇「花の風来坊」の第2弾(六車俊治脚本、金子良次演出)。後半はヒット曲満載の「シアターコンサート」。来年デビュー55周年を迎える舟木一夫の“今”を歌と芝居でたっぷり楽しめる公演だ。

 「花の風来坊」は北園孝吉の時代小説が原作。遊び人に扮(ふん)した若殿様を舟木が演じ、大騒動を繰り広…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文698文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]