メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新歌舞伎座公演

同世代ファンと築くステージ 舟木一夫が来月

 「舟木一夫特別公演」が3月4〜23日、大阪市天王寺区の新歌舞伎座で開かれる。芝居と歌のステージの2部構成で、前半は昨年の座長公演で好評だった娯楽時代劇「花の風来坊」の第2弾(六車俊治脚本、金子良次演出)。後半はヒット曲満載の「シアターコンサート」。来年デビュー55周年を迎える舟木一夫の“今”を歌と芝居でたっぷり楽しめる公演だ。

 「花の風来坊」は北園孝吉の時代小説が原作。遊び人に扮(ふん)した若殿様を舟木が演じ、大騒動を繰り広…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文698文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. EU 対米報復関税発動 総額3600億円規模

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]