メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

放射能の不安知って 被災者支援の夫妻、避難者らとミュージカル 芦屋で4月2日 /兵庫

本番に向けて練習に励む「雪の女王」の出演者たち=兵庫県芦屋市で、柳楽未来撮影

 東日本大震災の被災地を励ますコンサートを続けている芦屋市の檀美知生さん(69)と村嶋由紀子さん(68)夫妻らが、4月2日に芦屋市業平町の芦屋ルナ・ホールで上演するミュージカル「雪の女王」に向け、練習を重ねている。舞台には、福島第1原発事故後に福島県などから関西に避難してきた人たちも立つ。参加者たちは「『放射能から子供を守りたい』という思いを伝えたい」と話し、来場を呼びかけている。

 ミュージカルは、アンデルセンの童話をもとに、地の果てに住む「雪の女王」が、放射能汚染させた人間に怒…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. くらしナビ・学ぶ @大学 「中根」の目・データが語る 女子の医学部合格者比率が高い1位 島根大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです