メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

動脈硬化 放置で足切断 糖尿病や高血圧で危険性高く、無症状の人も

【右・手術前】閉塞性動脈硬化症の患者のコンピューター断層撮影(CT)画像。左脚(向かって右)の血管が詰まり、血流が悪くなっている【左・手術後】バイパス手術を受けた患者のCT画像。左脚に人工血管を移植し、足先に血が通うようになった=関西医科大滝井病院提供

 動脈硬化が進むと血管が狭くなったり詰まったりし、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞につながることは知られる。それが足で起きると「閉塞(へいそく)性動脈硬化症(ASO)」と呼ばれ、「歩くと痛みを感じる」「足の傷が治りにくい」などの症状が出る。足の切断に至る場合もあり、軽視は禁物だ。

 ●しもやけが悪化

 「毎年しもやけになるけど、治らない年があった」。大阪府の女性(68)は2012年11月、左足の指のしもやけが悪化して化膿(かのう)し、自宅近くの皮膚科を受診した。週1回通ったが治らず、検査を受けると脚の血管が詰まっていた。足先に十分な酸素や栄養が届かなくなっていたのだ。女性は「外からでは分からない。画像を見て『うわー、血が通ってないねんな』と思った」と振り返る。

 ASOは60歳以上で発症率が上がり、男性に多い。たばこや糖尿病、高血圧で危険性が高まる。国内の患者…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1426文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです