メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

蚕のたんぱく質で医薬品 絹糸腺での合成速度は培養細胞の100万倍以上

 蚕が医薬品生産などの分野で注目を集めている。長い養蚕業の歴史の中で、蚕は効率よく絹糸を作るように品種改良されており、絹糸の成分のほとんどがたんぱく質だ。この性質を利用し、医薬品や化粧品の原料を蚕に作らせる技術の開発が進んでいる。【下桐実雅子】

 蚕はガの仲間で、白い幼虫(最大で約8センチ)がさなぎになるときに作るまゆから絹糸を取る。元々は、「クワコ」という野生の虫を飼いならし、大きいまゆを作れるように品種改良されてきた。幼虫期の約3週間で20グラムの桑の葉を食べて、0・5グラム程度のまゆ(絹たんぱく質)を作る。幼虫はほとんど動かず、成虫になっても飛ぶことはない。

 蚕には、絹糸のもとになるたんぱく質を大量に合成・分泌する「絹糸腺(けんしせん)」という器官があり、…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1110文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]