メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

蚕のたんぱく質で医薬品 絹糸腺での合成速度は培養細胞の100万倍以上

 蚕が医薬品生産などの分野で注目を集めている。長い養蚕業の歴史の中で、蚕は効率よく絹糸を作るように品種改良されており、絹糸の成分のほとんどがたんぱく質だ。この性質を利用し、医薬品や化粧品の原料を蚕に作らせる技術の開発が進んでいる。【下桐実雅子】

 蚕はガの仲間で、白い幼虫(最大で約8センチ)がさなぎになるときに作るまゆから絹糸を取る。元々は、「クワコ」という野生の虫を飼いならし、大きいまゆを作れるように品種改良されてきた。幼虫期の約3週間で20グラムの桑の葉を食べて、0・5グラム程度のまゆ(絹たんぱく質)を作る。幼虫はほとんど動かず、成虫になっても飛ぶことはない。

 蚕には、絹糸のもとになるたんぱく質を大量に合成・分泌する「絹糸腺(けんしせん)」という器官があり、…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1110文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  4. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  5. フィギュアスケート プリンスアイスワールド開幕 氷上の舞、湖国魅了 10年ぶりの公演 五輪の感動再び 大津 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]