メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

蚕のたんぱく質で医薬品 絹糸腺での合成速度は培養細胞の100万倍以上

 蚕が医薬品生産などの分野で注目を集めている。長い養蚕業の歴史の中で、蚕は効率よく絹糸を作るように品種改良されており、絹糸の成分のほとんどがたんぱく質だ。この性質を利用し、医薬品や化粧品の原料を蚕に作らせる技術の開発が進んでいる。【下桐実雅子】

 蚕はガの仲間で、白い幼虫(最大で約8センチ)がさなぎになるときに作るまゆから絹糸を取る。元々は、「クワコ」という野生の虫を飼いならし、大きいまゆを作れるように品種改良されてきた。幼虫期の約3週間で20グラムの桑の葉を食べて、0・5グラム程度のまゆ(絹たんぱく質)を作る。幼虫はほとんど動かず、成虫になっても飛ぶことはない。

 蚕には、絹糸のもとになるたんぱく質を大量に合成・分泌する「絹糸腺(けんしせん)」という器官があり、…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1110文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」
  5. ゴーン会長逮捕 ホンダ関係者「やったぜ日産」 投稿削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです