メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4割の企業が出張宿泊料の見直し検討

 訪日外国人観光客が増える中、国内のホテル代が高騰しており、出張時の宿泊料を見直したり、見直しを検討している企業が4割に達していることが、労務行政研究所(東京都品川区)の調査で明らかになった。

 調査は、企業の人事労務・総務担当者を対象に実施し、322人から回答を得た。

 最近のホテル代の高騰について82.0%が「認識している」と回答。そして、「緊急に宿泊料を見直した」との回答は10.8%、「宿泊料を見直す予定、または見直しを検討している」との回答は29.3%と合わせて約40%が見直したり、見直しを検討していることがわかった。

 また、所定の宿泊料で賄えなかった場合について、「やむを得ない場合は、超過額を実費補償している」が73.8%で、「一定の基準を設けて、補償措置を講じている」は3.3%にとどまり、実態が追いついていない現状が浮き彫りになった。

 一方、宿泊料の見直し以外の対策としては、42.7%が「何らかの対策をとっている」と回答。具体的には(複数回答)、「テレビ・インターネット会議を活用する」が64.0%、「インターネットサイトの利用などにより宿泊先を確保する」が58.6%だった。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 危機の真相 イギリスの江戸っ子魂 安倍発言でEU離脱?=浜矩子
  2. 英EU離脱 「まさか」「歴史的」その時、ツイッターに…
  3. 英EU離脱 残留望んだ若者、怒りのデモ行進
  4. 英EU離脱 岡田代表「アベノミクスのうたげは終わった」
  5. 元キンコメ高橋被告 横浜の高校からも制服窃盗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]