メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

反体制派、2週間の停戦に同意 米露案

 【カイロ秋山信一】中東の衛星テレビ局アルアラビーヤによると、シリア反体制派の主要組織は24日、米露主導の一時停戦案について、27日の停戦開始から2週間に限って同意すると発表した。アサド政権側の対応を見極めた上で、停戦の延長などを判断するとしている。ただ、停戦の対象となる武装勢力や地域を巡り、政権と反体制派の間に見解の相違が生じる恐れもあり、停戦が順調に履行されるかは不透明だ。

     停戦に同意した反体制派主要組織には、世俗派勢力「自由シリア軍」やイスラム武装勢力「イスラム軍」などが含まれるとみられる。別の有力なイスラム武装勢力「アフラル・シャム」は主要組織と距離を置いており、停戦に応じるかどうか明らかではない。

     ロイター通信によると、シリア北部で活動するクルド人民兵「人民防衛隊」も停戦に応じると発表。アサド政権も既に停戦に同調する方針を示している。

     ただ、アサド政権やこれを支援するロシアは従来、アフラル・シャムやイスラム軍について「テロ組織だ」と主張してきた。特にアフラル・シャムは、過激派組織「イスラム国」(IS)と共に停戦対象から除外された国際テロ組織アルカイダ系「ヌスラ戦線」と共闘関係にある。

     このため、政権側が「アルカイダ関連組織」との名目でアフラル・シャムなどへの攻撃を続ければ、停戦は早期に瓦解(がかい)する恐れがある。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 金正男氏殺害 オウム中川死刑囚「あれはVX」発表前に
    2. 東京マラソン 国内初の2時間3分台 キプサングが優勝
    3. エアバス JAL機長ら最新鋭機シミュレーターを体験
    4. 森友学園 「ごみ埋めた」業者証言
    5. ワインの和 価格はどう決まる? 熟成期間や剪定量…さまざまな要素 /和歌山

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]