メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不正調査の1億円超支出認める

NHKの籾井勝人会長=藤井太郎撮影

 NHKの籾井勝人(もみい・かつと)会長は25日、衆院予算委員会第2分科会で、2014年に実施した関連団体の2種類の不正調査に計約1億550万円を支出したことを認めた。

 両調査では、後に明らかになった子会社社員2人による約2億円の着服などの問題は見抜けなかったが、籾井会長は「高いように聞こえるが、私は無駄とは思っていない」と調査の効果を主張した。一方で、約5600万円を支払った外部の弁護士による調査委員会の報告書が、約4950万円をかけて監査法人に委託した調査結果を参考にまとめられたことを明らかにした。奥野総一郎委員(民主党)の質問に答えた。

 また、監査法人に委託した調査について、24日の総務委員会で高井崇志委員(維新の党)が質問した際、「記憶にない」と答弁したことについて「本当に記憶になかった。誠に申し訳ない」と謝罪した。【望月麻紀】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ポケモンGO 運転中にゲーム 国内初の死亡事故 徳島
  2. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
  3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
  4. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
  5. 小野憲史のゲーム時評 「ポケモンGO」バッシング 「ゲーム世代」が反対派に回る理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]