メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ブルーリッジ」が大阪港に入港

 米海軍第7艦隊の揚陸指揮艦「ブルーリッジ」(1万9200トン)が24日、大阪市住之江区の大阪港に入港した。大阪への寄港は2011年5月以来、3回目。市港湾局によると、27日に出港する。

     ブルーリッジは第7艦隊の旗艦で、東日本大震災ではシンガポールから日本へ救援物資を搬送した。記者会見した艦長のカイル・ヒギンズ大佐は「東アジア地域の安定を促進する任務は、海上自衛隊との協力があってこそ遂行できる」と述べ、日米の友好関係の必要性を強調した。寄港は親善目的で、乗組員による児童養護施設訪問も予定している。

     岸壁近くでは平和運動に取り組む団体のメンバーら約35人が「平和な貿易港に軍艦はいらない」などと入港に抗議した。【田辺佑介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高濃度セシウム 福島第1周辺のダム底に堆積
    2. チェック 聖地「君の名は。」現象 リアルな映像、若者を魅了 公開28日で100億円
    3. 豊洲市場 市場関係者に空洞図を提供…盛り土なし説明せず
    4. クローズアップ2016 都政に「小池カラー」次々 豊洲が改革試金石
    5. 統合失調症 注射治療薬「2年で85人死亡」 安全性は

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]