メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国を非難 西沙諸島に戦闘機配備で

 菅義偉官房長官は24日の記者会見で、中国が南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島に戦闘機を配備したとの米メディア報道について「中国が既成事実を積み重ねていることに深刻な懸念を表明したい」と非難した。

     また、南シナ海で機関砲やミサイルを配備するなど中国が軍事拠点化を進めていることを巡り、「一方的に現状を変更し緊張を高める行為は、国際社会共通の懸念で断じて認められない」と批判。「航行・上空飛行の自由を守るため、国際社会が連携していくことが極めて重要だ」として関係国と連携して対応する考えを示した。【高本耕太】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. キリン 「氷結」発売中止 原料果汁に問題
    2. 新潟・泉田知事 4選への立候補とりやめ
    3. 里親補助金 厚労省見送り 「調査研究」体制に疑問も
    4. 五輪陸上 日本側バトンが「本物」 競売出品で騒動に
    5. 台風10号 岩手・大船渡付近に上陸

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]