メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国を非難 西沙諸島に戦闘機配備で

 菅義偉官房長官は24日の記者会見で、中国が南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島に戦闘機を配備したとの米メディア報道について「中国が既成事実を積み重ねていることに深刻な懸念を表明したい」と非難した。

     また、南シナ海で機関砲やミサイルを配備するなど中国が軍事拠点化を進めていることを巡り、「一方的に現状を変更し緊張を高める行為は、国際社会共通の懸念で断じて認められない」と批判。「航行・上空飛行の自由を守るため、国際社会が連携していくことが極めて重要だ」として関係国と連携して対応する考えを示した。【高本耕太】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
    2. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載
    3. 万里の長城 コンクリ?で補修、国内で批判の声
    4. 豊洲・地下水 「安全性問題ない」専門家会議座長が見解
    5. 地震 奄美南部で震度5弱

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]