メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メルトダウン「判断基準あった」 福島原発事故当時

事故直後の福島第1原発3号機=2011年3月15日、東京電力提供

マニュアルに「5%超で炉心溶融」と明記

 東京電力は24日、福島第1原発事故当時、核燃料が溶け落ちる炉心溶融(メルトダウン)の判断基準を定めたマニュアルがあったにもかかわらず、誰も気づかなかったと明らかにした。この基準に従えば、2011年3月14日早朝には1、3号機で炉心溶融が起きたと判断できていたが、東電は当時、「判断基準がない」との説明を繰り返し、炉心溶融を公式に認めたのは事故から約2カ月後の同年5月だった。

     東電によると、今月、柏崎刈羽原発がある新潟県に事故の経緯を説明する過程で、当時のマニュアルを再点検したところ、「炉心損傷割合が5%を超えていれば炉心溶融と判定する」と明記されていた。事故時も含めてこの5年間、誰も気づかなかったという。

     当時の原子力災害対策特別措置法では、炉心溶融と判断した場合、直ちに国に報告することが義務付けられていたが、東電は「原子炉格納容器内の放射線量などの必要なデータは報告していた」と釈明した。

     東電の白井功原子力・立地本部長代理は記者会見で「十分に調査ができていなかったと反省している。ただ、この件で収束作業の対応や手順が遅れたとは考えていない」と説明した。今後は弁護士など第三者の協力を得て当時の経緯などを詳細に調査するという。【鳥井真平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 元光GENJI 諸星&大沢 22年ぶり競演「他のメンバーも集まってやりたいな」
    2. 刃傷事件 「浅野内匠頭殿 乱心」 京都・西本願寺で文書発見 真相は……やはり謎
    3. トランプ氏 経済の助言組織「戦略政策フォーラム」発足へ
    4. 明星食品 チョコ、ケーキ 変な味焼きそばで最後発が狙うブルーオーシャン
    5. J1 浦和 10年ぶり戴冠へおびき寄せてカウンターで勝機!

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]