メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジカ熱

ブラジル人多い群馬・大泉 外国語で注意呼びかけ

 中南米を中心に感染症のジカ熱が流行しているのを受け、ブラジル人が多く住む群馬県大泉町は、ポルトガル語で注意を呼びかけている。母国に一時帰国して大泉に戻った後、体調が悪くなった場合は保健所に相談するよう勧めている。一方、注意喚起のあり方をめぐって、村山俊明町長は24日の定例記者会見で「住民不安をいたずらに招かないようにしたい」と話した。外国人集住都市ならではの苦労もあるようだ。【阿相久志】

 大泉町は1月末現在の人口4万1239人のうち外国人が16%の6755人。うち4013人をブラジル人…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです