メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体罰との因果関係認定 大阪市に賠償命令

東京地裁が7495万円 大阪市は「控訴せず」

 2012年12月に大阪市立桜宮高校のバスケットボール部主将の男子生徒(当時17歳)が自殺したのは教諭だった元顧問(50)=懲戒免職=の体罰が原因として、両親ら遺族が大阪市に約1億7400万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は24日、大阪市に約7495万円の賠償を命じた。岩井伸晃裁判長は「元顧問の暴行がなければ男子生徒は自殺しなかった」と因果関係を認めた。

 判決を受け、大阪市は「真摯(しんし)に受け止めなければならない。尊い命が失われた重大な事案であり、控訴しない」と発表した。

 判決によると、2年生だった男子生徒は主将になった後の12年11月ごろから部員らの前で元顧問に「主将を辞めろ」と叱責されるようになった。12月には練習試合でのプレーが散漫だとして顔や頭を十数回平手打ちされる日が2回あり、口を切るけがをした。最後の体罰の翌日に自宅で自殺した。両親は関東地方に転居し提訴した。

 判決は体罰について「学校教育法で禁じられ、強豪校の運動部の指導でも許されない」と指摘。その上で「自殺は元顧問の暴行などで強い心理的打撃や屈辱感を受け、精神的に追い詰められたことが原因」とし、「体罰は極めて強度で指導を逸脱した虐待行為。暴言と合わせて違法」と判断した。

 また、「元顧問は男子生徒が無気力状態になるような異変に気づきながら暴行を続けた」とし、自殺は予見できたと判断。「能力的に主将の責任を果たせず、思い悩んでいたことが自殺の原因」とする市側の主張を「責任転嫁」と批判しつつ、一定程度は認め、体罰の自殺への影響を7割とした。

 自殺を巡っては、大阪市の外部監察チームが「元顧問の暴力が自殺の大きな要因」と認定した。元顧問は傷害罪などで起訴され、懲役1年、執行猶予3年が確定している。【島田信幸】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ベッキー 映画「LION」に太鼓判 「最後の一秒まで見逃さないで」(スポニチ)
  2. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ
  3. ノーベル文学賞 ディランから講演の連絡届かず 不履行なら賞金失う(スポニチ)
  4. 東京・調布の小型機墜落 1年 「思い出したくない」 周辺住民、自家用機再開に反対
  5. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]