メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賠償命令に大阪市長「真摯に受け止める」

 2012年12月に大阪市立桜宮高校のバスケットボール部主将の男子生徒(当時17歳)が自殺したのは教諭だった元顧問(50)=懲戒免職=の体罰が原因として、両親ら遺族が大阪市に約1億7400万円の賠償を求めた訴訟。東京地裁は24日の判決で、大阪市に約7495万円の賠償を命じた。大阪市の吉村洋文市長は24日、記者団に対し「厳しい判決だが、真摯(しんし)に受け止める。控訴審で争うよりも再発防止に力を割くべきだと判断した」と述べ、控訴しない考えを明らかにした。そのうえで「遺族には心からお悔やみ申し上げる。同じような事件が起きないよう、体罰には厳しく接していきたい」と語った。

     また、賠償金を元顧問に請求する考えも表明した。国家賠償法は自治体が賠償責任を負うと規定しているが、公務員に故意や重大な過失があった場合は、自治体が公務員に求償できると定めている。吉村市長は「当然求償すべき事案」とし、使用者としての市の責任割合も考慮したうえで請求額を決める方針だ。【小林慎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 都知事選 投票率「50%台後半」予想も 期日前は好調
    2. ポケモンGO 首都圏で50キロ歩いてみた
    3. 相模原殺傷 「希望捨てずに」訴え 重度知的障害の青年
    4. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    5. リオ五輪 セーリングの水質心配 「巨大なトイレ」指摘も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]