メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5例目の臓器提供 家族が承諾 

 日本臓器移植ネットワークは24日、東海地方の病院にインフルエンザ脳症で入院していた6歳未満の女児が臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。女児は臓器提供の意思表示をしていなかったが、家族が脳死判定と臓器提供を承諾した。15歳未満の臓器提供を可能にする改正臓器移植法が2010年に施行されて以降、脳死判定基準がより厳しい6歳未満の脳死臓器提供は5例目、15歳未満は11例目。

     移植ネットによると、女児は21日午後に病院で「脳死とされうる状態」と判断された。同日に移植ネットと県のコーディネーターから説明を受け、家族13人が臓器提供を承諾した。家族は「突然の入院でつらく苦しい思いはあったが、今できる最善のことをしようと考えて申し出をした」と話しているという。

     肺は岡山大病院で10歳未満の男児に、肝臓は国立成育医療研究センターで10歳未満の女児に、腎臓は静岡県立総合病院で40歳代の男性に移植される予定。心臓と膵臓(すいぞう)は医学的理由で断念し、小腸は該当者がいなかった。【須田桃子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男児置き去り 依然見つからず 写真を公開 北海道
    2. クマ襲撃 3人目犠牲か 青森の不明男性死亡を確認 秋田
    3. 商標登録 一個人が出願乱発 特許庁が注意喚起
    4. たばこ 警告画像に7割賛成 喫煙者も46%
    5. 特集ワイド 刻々と現実味増す「トランプ政権」 日本が備えるべきことは

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]