メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元日本代表の広瀬俊朗が現役引退 東芝が発表

東芝の広瀬俊朗

 ラグビー・トップリーグ(TL)の東芝は24日、元日本代表主将で昨年のワールドカップ(W杯)イングランド大会日本代表の広瀬俊朗(34)が現役引退すると発表した。日本代表キャップ数は28、TL通算128試合出場。

     大阪府立北野高、慶大を経て2004年に東芝入りし、SOなどで活躍。エディー・ジョーンズ前日本代表ヘッドコーチ(HC)就任後、14年3月まで日本代表主将を2年間務め、13年6月のウェールズ戦初勝利などに貢献した。

     昨年のW杯ではベンチ入りはなかったが、精神的支柱としてチームを支えた。【大島祥平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 善光寺 トップの貫主がセクハラ 信徒が辞任勧告
    2. J1 新潟・早川が急性白血病発症
    3. 競馬 宝塚記念 8番人気のマリアライトが優勝
    4. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
    5. 大リーグ ローズ氏がレッズ殿堂入り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]