メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元日本代表の広瀬俊朗が現役引退 東芝が発表

東芝の広瀬俊朗

 ラグビー・トップリーグ(TL)の東芝は24日、元日本代表主将で昨年のワールドカップ(W杯)イングランド大会日本代表の広瀬俊朗(34)が現役引退すると発表した。日本代表キャップ数は28、TL通算128試合出場。

     大阪府立北野高、慶大を経て2004年に東芝入りし、SOなどで活躍。エディー・ジョーンズ前日本代表ヘッドコーチ(HC)就任後、14年3月まで日本代表主将を2年間務め、13年6月のウェールズ戦初勝利などに貢献した。

     昨年のW杯ではベンチ入りはなかったが、精神的支柱としてチームを支えた。【大島祥平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ氏 東欧の首相を押しのけ前に? 厳しい批判も
    2. 岡山・加計学園 獣医学部新設手続き「早く」 首相補佐官、前次官に要求 昨秋
    3. 加計学園 首相補佐官が前次官に要請 新設手続き「早く」
    4. 世界の雑記帳 メラニアさん、トランプ大統領との「手つなぎ」拒否か
    5. キスリャク駐米露大使 「最も危険」 トランプ政権接触で注目 笑顔武器に人脈、実は大物スパイ?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]