メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内暴力団

7年連続減、昨年末1600人 7割超、神戸山口組 /兵庫

兵庫県内の暴力団勢力の推移

 県警は25日、県内で活動する暴力団勢力(準構成員を含む)が昨年末時点で1600人になり、7年連続で減少したと発表した。県内には指定暴力団・山口組(総本部・神戸市灘区)と、分裂して結成された神戸山口組の本拠があるが、全体の7割以上を神戸側が占めている。

 組織犯罪対策課によると勢力は前年から50人減り、暴力団対策法が施行された1992年以降の最少を更新した。組員はうち約640人で、前年から200人減った。

 県内で活動する暴力団は約90組織あり、神戸山口組系が約70組織(勢力約1160人)で最多。山口組系…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  4. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです