メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院・合区選挙

野党、候補者一本化へ 福島氏と共産が安保法廃止で一致 /鳥取

会談後にそろって記者会見する(左から)福島氏と、共産党の小村・鳥取県委員長、後藤・島根県委員長=鳥取県米子市で、真下信幸撮影

 今夏の参院選「鳥取・島根」選挙区で、民主党と社民党が推薦する無所属新人の元消費者庁長官、福島浩彦氏(59)と、共産党の両県委員長が25日、米子市で会談し、安全保障関連法の廃止を求める考えで一致した。共産は新人の遠藤秀和氏(38)の擁立を取り下げる方針を固め、野党の候補者一本化が実現する。初の両県合区で迎える選挙は、自民党現職の青木一彦氏(54)と福島氏の事実上の一騎打ちとなる見通しとなった。【真下信幸、長宗拓弥】

 共産党が22日に改選数1の「1人区」で安全保障関連法の廃止を公約することなどを条件に独自候補を原則…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文915文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです