メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日南市

市長“育児”に率先参加 残業控え「ゆうパパ運動」 /宮崎

ゆうパパ運動に率先して取り組むと発表した日南市の崎田市長

 日南市は、男性が残業を控えて育児に積極的に参加する「ゆうパパ運動(夕方からパパ行動運動)」を呼びかける。昨年12月末に次男が生まれた崎田恭平市長(36)が率先して取り組む。夕方の公務としては会議や総会出席などほぼ毎日予定が入っているが、市長は「今後は可能な限り控えたい」としている。【尾形有菜】

育児の重要性

 市長は5歳の長男と妻との4人暮らし。昨年7月、県知事と県内25市町村長と共に、子育てに理解のある上司となる「イクボス宣言」をした。少子化対策として市…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです