メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日南市

市長“育児”に率先参加 残業控え「ゆうパパ運動」 /宮崎

ゆうパパ運動に率先して取り組むと発表した日南市の崎田市長

 日南市は、男性が残業を控えて育児に積極的に参加する「ゆうパパ運動(夕方からパパ行動運動)」を呼びかける。昨年12月末に次男が生まれた崎田恭平市長(36)が率先して取り組む。夕方の公務としては会議や総会出席などほぼ毎日予定が入っているが、市長は「今後は可能な限り控えたい」としている。【尾形有菜】

育児の重要性

 市長は5歳の長男と妻との4人暮らし。昨年7月、県知事と県内25市町村長と共に、子育てに理解のある上司となる「イクボス宣言」をした。少子化対策として市…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです