メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

雪解け水、自然が浄化 再凍結時、ちり分離

大雪渓の下を勢いよく流れる雪解け水=長野県白馬村で、北村隆夫撮影

 春が近づいて気温が上がり始めると、積雪が解けて水となる。土地をうるおし、日本酒や米作りにも欠かせない雪解け水には、どんな特徴があるのだろう。

 「雪解け水で仕込みました」。各地で生産される地酒には、こんなうたい文句がよく付く。だが、雪は雨と同じく空から降ってくるもの。どうして雨水より「きれい」で「おいしい」イメージがあるのか。

 雪や雨は、雲から落ちてくる時、大気中に漂うちりやほこりをくっつけてくる。雪は真っ白なため汚れがない…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1315文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです