メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわりEYE

雲の一生、ダブル観測

ひまわり8号が撮影した2015年8月3日のオホーツク海上の様子(可視と近赤外の画像から作成)

 雲は地球を冷やしたり暖めたりすることで地球の気候に影響を与えるが、どのような雲がどの高度にあるかを正確に把握する必要がある。雲の性質にはエアロゾルと呼ばれる大気中の微粒子も関係する。雲とエアロゾルの高度情報を得るには、衛星を使った雲レーダーやレーザー光による観測が有効だ。

 このような衛星観測は2006年6月に始まった。米国の2基の地球観測衛星は昨年8月3日、北海道からオホーツク海の上空を通り(図1)、雲とエアロゾルの観測データをもたらした。

 レーザー光のデータでは、日本のすぐ北の高度4〜9キロに森林火災起源と思われるエアロゾルが確認できた…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです