メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元調査官に2審も懲役2年実刑判決 大阪高裁

 大阪国税局調査官の脱税工作を巡る汚職事件で、加重収賄などの罪に問われた西税務署の元上席国税調査官、平良(たいら)辰夫被告(45)=懲戒免職=に対する控訴審判決が26日、大阪高裁であった。横田信之裁判長は懲役2年、追徴金120万円(求刑・懲役3年、追徴金120万円)の実刑を言い渡した1審・大阪地裁判決を支持し、平良被告の控訴を棄却した。

     控訴審でも平良被告は「現金を受け取っていない」と無罪を主張したが、横田裁判長は「捜査段階で現金の受け取りは一貫して認めていた」と指摘した。

     判決によると、平良被告は2011年7月、国税局OBの元税理士、細名高司被告(63)=贈賄などの罪で公判中=の顧客に対する税務調査の日程を漏えい。同年9月、見返りに現金120万円を受け取った。【堀江拓哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 15歳のニュース 成人年齢引き下げ 喜んでいいの?だめなの?
    2. 小池知事所信表明 豊洲問題「信頼失った」 徹底調査意向
    3. 男性遺体 頭部などない遺体発見 千葉・銚子漁港
    4. 福島第1 汚染水除去計画、2年前倒し可能
    5. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]