メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元調査官に2審も懲役2年実刑判決 大阪高裁

 大阪国税局調査官の脱税工作を巡る汚職事件で、加重収賄などの罪に問われた西税務署の元上席国税調査官、平良(たいら)辰夫被告(45)=懲戒免職=に対する控訴審判決が26日、大阪高裁であった。横田信之裁判長は懲役2年、追徴金120万円(求刑・懲役3年、追徴金120万円)の実刑を言い渡した1審・大阪地裁判決を支持し、平良被告の控訴を棄却した。

     控訴審でも平良被告は「現金を受け取っていない」と無罪を主張したが、横田裁判長は「捜査段階で現金の受け取りは一貫して認めていた」と指摘した。

     判決によると、平良被告は2011年7月、国税局OBの元税理士、細名高司被告(63)=贈賄などの罪で公判中=の顧客に対する税務調査の日程を漏えい。同年9月、見返りに現金120万円を受け取った。【堀江拓哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長野小1女児 小谷村内の川に意識不明の子供 不明女児か
    2. 発砲 4人撃たれ1人死亡、男は逃走 和歌山の建設会社
    3. NHK 「障害者を感動話に」方程式批判
    4. 自殺 始業式翌日に何が 青森で相次いだ中学生の悲劇
    5. 長野女児不明 29日も引き続き捜索

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]