メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジカ熱

感染を確認…WHO緊急宣言後、国内初

ジカ熱を発症した患者について記者会見する厚労省健康局結核感染症課の浅沼一成課長=東京・霞が関の同省で2016年2月25日午後9時2分、森田剛史撮影

川崎の10代男性

 厚生労働省は25日、観光でブラジルに滞在した川崎市の10代男性がジカ熱に感染したことを確認した。ジカ熱は妊婦の感染と小頭症の子どもの出生との関連が指摘されている。国内でのジカ熱感染者の確認は4例目だが、今年2月1日の世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言後は初めて。

 ジカ熱は蚊が媒介する感染症。厚労省は国内が蚊の活動期ではないため感染拡大の可能性は低いとみている。政府は25日の関係省庁対策会議で、ブラジルなど中南米の流行地域への渡航者に注意喚起することを確認した。

 厚労省や川崎市によると、男性は高校生で2月9〜20日、家族とブラジルに滞在。20日に発熱し、帰国し…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文726文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです