メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジカ熱

国内流行の恐れ低く…「防蚊対策が重要」

ジカ熱を発症した患者について記者会見する厚労省健康局結核感染症課の浅沼一成課長(右手前)ら=東京・霞が関の同省で2016年2月25日午後9時1分、森田剛史撮影

 世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言してから初めて、日本国内でジカ熱の感染者が確認されたが、海外から帰国した人の感染は今回が初ではない。2013〜14年にフランス領ポリネシアとタイから帰国した計3人の発症が確認されている。国内は冬のため、原因のジカウイルスを媒介するヒトスジシマカは活動しておらず、現時点で流行が広がる恐れは非常に低い。

 一昨年に国内で流行した蚊媒介感染症のデング熱と比べ、ジカ熱は一般に軽症で、8割は症状が出ないとされ…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです