メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「適切なら延命できた」奈良地裁が賠償命令

 胃がんの告知ミスで治療が遅れたとして、2012年に死亡した奈良県橿原市の建設業、石田政裕さん(当時53歳)の遺族らが、同県大和高田市の総合病院「土庫(どんご)病院」を運営する「社会医療法人健生会」などに約1億4000万円の損害賠償を求めた訴訟で、奈良地裁(木太伸広裁判長)は25日、病院のミスを認めて約6200万円の支払いを命じた。

     判決によると、石田さんは10年2月に他の病院で胃潰瘍と診断され、同9月に土庫病院を受診。検査で胃がんと判明したが、医師が2月の検査結果を見て誤って胃潰瘍と告げた。11年9月に告知ミスが判明したが、既に末期がんで12年7月に亡くなった。

     木太裁判長は「10年9月から間もなく適切な治療を受けていれば、67歳ごろまでは延命できた高度の蓋然(がいぜん)性がある」と指摘。一方、石田さんが受けた保険適用外の先進治療の損害については「有効性が医学的根拠で裏付けられていない」などとして請求を退けた。

     石田さんの妻久美子さん(56)は「被告らの責任が明らかになったことは評価する」と話した。病院側は「判決文を見ていないのでコメントできない」としている。【塩路佳子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    2. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    3. 窃盗 18億円「出し子」容疑で男2人逮捕 兵庫・大阪
    4. 比大統領 また暴言 ヒトラーなぞらえ麻薬中毒者「虐殺」
    5. 質問なるほドリ 抗菌せっけん、米でなぜ禁止?=回答・下桐実雅子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]