メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死亡の運転者は会社経営の51歳

歩道に乗り上げ大破した乗用車=大阪市北区で2016年2月25日午後1時14分、久保玲撮影(一部画像を処理しています)

 25日午後0時35分ごろ、大阪市北区芝田1の阪急梅田駅近くにある「芝田1丁目交差点」付近で、暴走した乗用車が歩道に突っ込み、通行人の男女10人を次々とはねた。大阪府警によると、うち50代くらいの男性と車を運転していた男性が死亡した。他に男女9人が病院に運ばれており、歩行者の20代女性が意識不明の重体。21〜75歳の男女8人が足を骨折するなど重軽傷を負った。

     車を運転していたのは、奈良県橿原市のビル管理会社経営、大橋篤さん(51)=奈良市学園大和町3=と確認された。車には1人で乗っていた。

     府警は大橋さんの遺体を司法解剖し、死因を詳しく調べる方針。

     大橋さんが運転していた黒いプリウスは、交差点を西から東に横切った後、付近の歩道に入り込んだ。歩道を約40メートルにわたって暴走した後、大阪新阪急ホテル前の花壇に乗り上げるように衝突して止まった。亡くなった通行人の男性は車の脇に倒れており、花壇との間に挟まれた可能性があるという。

     現場は商業ビルやホテルなどが建ち並ぶ繁華街で、大型電器店「ヨドバシ梅田」東側のスクランブル交差点。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 善光寺 トップの貫主がセクハラ 信徒が辞任勧告
    2. J1 新潟・早川が急性白血病発症
    3. 競馬 宝塚記念 8番人気のマリアライトが優勝
    4. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
    5. 大リーグ ローズ氏がレッズ殿堂入り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]