メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

商社マンボクサー、木村が初防衛に自信

初防衛戦に向け、練習を公開した木村=東京都新宿区の帝拳ジムで2016年2月25日午後2時4分、岩壁峻撮影

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の木村悠(帝拳)が25日、同級5位のガニガン・ロペス(メキシコ)との初防衛戦(3月4日、島津アリーナ京都)に向け、東京都内の所属ジムで練習を公開した。出入りのあるボクシングで着実にポイントを積み上げる木村だが、「良い展開に持ち込めば(相手を)倒せる」と攻撃面の進化を強調した。

 この日のスパーリングなどでは左のジャブがさえ、距離を詰めてからの右ストレートも打ち込んだ。都内の専門商社で働く会社員の顔も持つ木村。商社マンらしく試合日を「納期」になぞらえ、「3月4日の納期に合わせて体を仕上げていくだけですね」と余裕を漂わせた。【岩壁峻】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛 サーバルキャット「ユカ」人気 けものフレンズ効果
  2. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
  3. 暴力団 金も人もなく節約しかねぇ 組事務所「シェア」増加
  4. 神戸山口組 分裂 新組織は「任侠団体山口組」
  5. 山口組分裂1年 元組長「代紋も足かせ メシ食えぬ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]