メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

通夜に参列して学んだこと=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 入社年次が1年早い先輩が亡くなった。まだ57歳。入院したと聞いて見舞いに行きたかったが、がんの進行は早く、緩和病棟に移ったと聞いて会いに行くことは控えた。まもなく、訃報が社内メールで届いた。

 斎場で行われた通夜に出た。導師の読経が続く中で焼香したあと小部屋で会食しながら待っていると、係員が来て「最後のお別れ」の用意ができた、という。ひつぎの小窓から顔を見る。トレードマークのひげはきれいにそってあった。そのせいかやせたなあと思う。これからもう、会うことはできない。

 遺族は、葬儀場ではなくて、火葬場で「最後のお別れ」をする。肉体を持った人間が、焼かれて<骨>という…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1153文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  2. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  3. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  4. ORICON NEWS タレント・庄司ゆうこ、『週刊文春』報道を否定「完全に営業妨害です」
  5. 結婚 俳優の松田翔太さん、モデルの秋元梢さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]