メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる中東

アラブの春5年・第2部/3 戦略なき対リビア空爆 「カダフィ後」担える勢力なく

 「今のリビアはカオス(混乱した状態)だ。欧米が政権崩壊後の戦略もなく軍事介入したためだ」。カダフィ政権下の外務省職員で、2008年からロンドンでコンサルタント会社を経営するタレク・アルワン氏(43)はこう話す。

 11年初めに隣国チュニジアで本格化した民主化要求運動「アラブの春」は、リビアにも波及。デモ隊に銃口を向けたカダフィ独裁政権に対し、首都トリポリのアルワン氏の一族は自由を求めて武器を取った。「人命保護のためのあらゆる措置」を認めた国連安保理決議に基づき、米英仏などが反体制派を空爆で支援。政権は同年8月に崩壊した。

 アルワン氏は、欧米側には「カダフィ後」の国家再建計画があると信じていた。イラクやアフガニスタンへの…

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1499文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです