メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる中東

アラブの春5年・第2部/3 戦略なき対リビア空爆 「カダフィ後」担える勢力なく

 「今のリビアはカオス(混乱した状態)だ。欧米が政権崩壊後の戦略もなく軍事介入したためだ」。カダフィ政権下の外務省職員で、2008年からロンドンでコンサルタント会社を経営するタレク・アルワン氏(43)はこう話す。

 11年初めに隣国チュニジアで本格化した民主化要求運動「アラブの春」は、リビアにも波及。デモ隊に銃口を向けたカダフィ独裁政権に対し、首都トリポリのアルワン氏の一族は自由を求めて武器を取った。「人命保護のためのあらゆる措置」を認めた国連安保理決議に基づき、米英仏などが反体制派を空爆で支援。政権は同年8月に崩壊した。

 アルワン氏は、欧米側には「カダフィ後」の国家再建計画があると信じていた。イラクやアフガニスタンへの…

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです