メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手仕事の里へ

山中の木地(石川県加賀市) 漆器支える情熱と工夫

ろくろに向かい、仕上げ挽きの刃物の当て方を再現する谷口照知さん=石川県加賀市の「たにてる工芸」で

 <CULTURE>

 石川県加賀市は山中温泉にある「山中漆器木地生産協同組合」を訪ねたのは、昨年末の雨の日だった。JR加賀温泉駅前から乗った路線バスを降り、強風に傘をあおられながら事務所に飛び込むと、理事長の谷口照知さん(65)が迎えてくれた。

 400年の歴史を持つ「山中漆器」の地である。漆器は木地師、下地師、塗師(ぬし)、蒔絵(まきえ)師といった分業で作られる。石川では「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」に対して「木地の山中」と言われ、木地師の数も腕前も全国随一とされる。木地は漆を塗る前の器物のことだ。

 組合の前身は、山中の木地屋たちの出資により、60年近く前に設立された。ここでは専従の従業員が「粗取…

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1407文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです