メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア停戦

「首都などで戦闘が沈静化」発効から数分後に

 【カイロ秋山信一】内戦が続くシリアで27日午前0時(日本時間27日午前7時)、米国とロシアが主導する一時停戦が発効した。停戦対象外とされた過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織アルカイダ系「ヌスラ戦線」を除く主要勢力は停戦に応じる意向を示したが、相互不信は根深く、停戦が持続するか不透明だ。

 米露主導の一時停戦はシリア内戦が2012年に本格化してから初めて。ロイター通信によると、停戦発効から数分後に首都ダマスカスなどシリア西部では戦闘が沈静化した。

 今回の一時停戦は、政権と反体制派との和平協議に向けた信頼醸成措置の意味合いが強い。26日までにアサ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです