メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア停戦支持、条件順守要求の決議案を採択

 【ニューヨーク草野和彦】国連安全保障理事会(15カ国)は26日の公式会合で、米国とロシアが主導するシリア内戦の一時停戦実施を支持し、アサド政権と反体制派など各勢力に対して停戦条件の順守を要求する決議案を全会一致で採択した。

     決議案は米露が主導。両国は今月22日に現地時間27日午前0時の停戦発効を発表しており、決議も時間通りの停戦開始を要請。シリア支援国会合のメンバー国には停戦の当事者たちへの働きかけを促した。シリアの政治移行行程を決めた安保理決議の履行、人道支援機関の受け入れも要請した。

     パワー米国連大使は会合で、「停戦が困難なことは明らか」と認める一方、「部分的な暴力の緩和であってもシリア国民に生活に与える影響は大きい」と期待を表明した。ロシア代表は「暴力をとめ、テロリズムに対する集団的な戦いにステップアップする好機だ」と語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風10号 岩手の高齢者施設で9人死亡
    2. 選挙 知事選 泉田知事4選出馬撤回 「批判的報道」理由に 「突然」に驚きと困惑 /新潟
    3. 新潟国際海運フェリー購入問題 知事「おわびする」 県議会建設公安委で自らの処分言及 /新潟
    4. 台風10号 「大変なことになった」9人死亡の岩手・岩泉
    5. 受動喫煙 リスク「確実」 肺がん発症1.3倍

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]