メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英科学誌が撤回 共著者3人申し出

小保方晴子氏

「ネイチャー・プロトコルズ」 11年に報告

 英科学誌「ネイチャー・プロトコルズ」は、元理化学研究所研究員の小保方晴子氏(32)らが2011年に報告した論文を、1月13日付で撤回したと発表した。責任著者で日本再生医療学会前理事長の岡野光夫・東京女子医大特任教授ら、小保方氏以外の共著者3人が撤回を申し出たという。同誌は「小保方氏にコメントを求めようとしたが連絡がつかなかった」としている。

 論文は再生医療に用いる細胞シートの性能に関する内容で、STAP細胞とは関係がない。筆頭著者は小保方氏で、共著者は岡野氏と大和雅之・東京女子医大先端生命医科学研究所長、常田聡・早大教授。

 発表によると、論文内の二つの図が酷似しているなど複数の問題があり、共著者3人が、図の元データを確認できず、結果に確信が持てないとして撤回を申し出たという。この論文に関しては、STAP論文問題が発生した14年から、インターネット上で疑義が指摘されていた。【須田桃子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キリン 「氷結」発売中止 原料果汁に問題
  2. 新潟・泉田知事 4選への立候補とりやめ
  3. 里親補助金 厚労省見送り 「調査研究」体制に疑問も
  4. 五輪陸上 日本側バトンが「本物」 競売出品で騒動に
  5. 台風10号 岩手・大船渡付近に上陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]