メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

古里らしく和やかに…琴奨菊、地元で披露宴 福岡

披露宴を前に記念撮影に応じる琴奨菊関と祐未夫人=福岡県柳川市で2016年2月27日午前10時7分、津村豊和撮影

 大相撲初場所で初優勝を果たした大関・琴奨菊関(32)=本名・菊次(きくつぎ)一弘、佐渡ケ嶽部屋=が出身地、福岡県柳川市の旧柳川藩主立花邸「御花(おはな)」で27日、結婚披露宴を開いた。多くの市民らが妻祐未(ゆみ)さん(29)との門出を祝った。

 披露宴は午前、午後の2回で、出席予定は約600人。午前の部は午前11時から大広間で始まった。媒酌人を務める元自民党幹事長、古賀誠氏のあいさつの後、後援会長の立花寛茂氏ら関係者がお祝いを述べ、西原親(ちかし)・福岡県みやま市長の音頭で乾杯した。

 琴奨菊関を長く地元で支えた顔なじみの人たちに囲まれた祝いの席とあって、古里らしい和やかな雰囲気で宴が進んだ。琴奨菊関と祐未さんは、出席者から次々と祝福の言葉をかけられ、終始にこやかに応じていた。

 3月5日には、掘割を進む「どんこ舟」での水上パレードと優勝報告会が柳川市で開かれる。【井上和也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  4. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  5. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです