メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国の海洋進出、懸念を表明

 日本、オーストラリア、インドの3カ国の外務次官協議が26日、東京都内で行われ、南シナ海での大規模な岩礁埋め立てなど中国の海洋進出について「既存の秩序や地域情勢の不安定化につながる」との認識で一致し、懸念を表明した。

     また、北朝鮮の4回目の核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を受けた国連安全保障理事会の新たな制裁決議が採択された場合は、3カ国が一致して履行し、北朝鮮に対して圧力を強めることも確認した。

     協議は昨年6月以来、2回目。外務省の斎木昭隆事務次官、豪州のバーギーズ外務貿易次官、インドのジャイシャンカル外務次官が出席した。【小田中大】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市臨時職員 ゲーム世界一「虚偽でした」 掲載2紙おわび
    2. 民進党 蓮舫代表、人事で試練 「野田幹事長」反発広がる
    3. AV出演強要 神戸大教授、規制強化に反対 内閣府聴取
    4. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑
    5. 阪神高速 基礎料金50円値上げへ 大阪府、新料金案

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]