メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上院で同性婚法案可決

 【ローマ福島良典】イタリア上院(321議席)は25日、同性カップルに結婚に準じた権利を認める「シビル・ユニオン」の合法化法案を賛成173、反対71で可決した。

     キリスト教カトリックの影響が強いイタリアは西欧主要国の中で唯一、同性婚やシビル・ユニオンを公的に認める制度を持たず、内外から法整備を求める声が高まっていた。

     だが、カトリック教会に近い与野党議員の反対が強かったため、レンツィ首相は法案を修正。同性パートナーが前の異性配偶者との間にもうけた子を養子として認める条項を削除した。

     レンツィ氏は法案可決を受けてフェイスブック上で「今日はイタリア史に残る日だ」「希望が恐怖に、勇気が差別に打ち勝った。愛が勝ったのだ」と強調した。同性愛者の権利団体は法案修正に失望を表明している。

     法案は下院の可決を経て成立する。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超
    2. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    3. 高畑裕太容疑者 女性従業員の当直確認? 計画性は否定も…
    4. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    5. 小川菜摘 同じ世代の息子を持つ高畑淳子にエール

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]