メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護施設長ら4人を書類送検 警視庁

 東京都板橋区の介護付き有料老人ホーム「レストヴィラ赤塚」で2012年2月、入所者の女性(当時74歳)が入浴中に死亡した事故で、警視庁捜査1課は26日、必要な介助を怠ったなどとして、ホームの当時の施設長(46)とケアマネジャー、介護職員ら4人を業務上過失致死容疑で書類送検した。

     施設は、居酒屋チェーンなどを展開する「ワタミ」のグループ会社「ワタミの介護」が運営していた。施設長ら2人は容疑を認め、他の2人も大筋で認めているという。

     送検容疑は12年2月16日、施設内浴室で女性を入浴させた際、職員が約80分間、事故が起きないよう付き添うなどの適切な安全管理を怠り、水死させたとしている。女性は運動障害を起こすパーキンソン病を患っていた。

     女性の遺族らによると、施設側は当初、遺族に「病死の可能性が高い」と説明した。しかし、警視庁の捜査で、付き添いの職員が事故当時、浴室を離れていたことが判明したという。

     ワタミの介護は昨年12月、別の企業に買収された。施設は現在、この企業の子会社が運営している。【山崎征克、神保圭作、深津誠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 法科大学院 立教大と桐蔭横浜大が募集停止を公表
    2. 千葉女児殺害 元保護者会長を起訴 DNA型一致で判断 
    3. 共謀罪 プライバシー制約の恐れ 国連報告者、政府に書簡
    4. 千葉・我孫子の女児殺害 渋谷容疑者を送検
    5. 大阪府警 淀川署員の膝蹴り場面 動画がツイッターに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]