メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者数減少、流行ピーク越えたか

 国立感染症研究所は26日、21日までの1週間に医療機関を受診したインフルエンザの患者数の推計は186万人で、前週の205万人から減少したと発表した。先月15日の全国的な流行入りの発表後初めての減少となり、流行のピークを越えたとみられる。一方、西日本を中心に21府県では患者の増加が続いている。

     この間に全国約5000の定点医療機関を受診した患者は平均37.16人で、前週の同39.97人を下回った。36道府県で警報レベルの30人を超えている。

     今季は流行入りが9シーズンぶりに年を越したが、前週は4年前の42.62人に次ぐ過去10年で2番目の多さとなった。感染研感染症疫学センターの砂川富正室長は「例年より遅れて流行が始まったが、増加ペースは他の年と変わっていない」と分析。マスク着用など他人への感染を防ぐ対策の徹底を呼びかけた。【千葉紀和】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 私立小中 授業料支援へ 年収590万円未満の世帯
    2. キリン 「氷結」発売中止 原料果汁に問題
    3. 新潟・泉田知事 出馬撤回 柏崎刈羽原発、再稼働に影響
    4. 台風10号 岩手県宮古・遠野・釜石の一部で避難指示
    5. 熊本地震 九州FGが19.5億円寄付 文化財復興支援で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]