メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府立大

生物で出題ミス 2次試験前期

 大阪府立大(堺市)は26日、2次試験前期日程の理科(生物)の試験で、高校生物の教科書で使わない「期待値」という言葉を問題文に記載するミスがあったと発表した。

     ミスがあったのは、蛾(が)の遺伝についての問題で、羽化直後にどのような体色が現れるかについて、「期待値」という言葉を使っていた。25日の試験中、受験生からの指摘で発覚した。

     大学は試験中に受験生に訂正を伝えたが、試験終了時刻が早い地域保健学域の栄養療法学専攻だけ間に合わず、同専攻で生物を選択した23人について全員正解とする。配点は150点満点中2点だった。【畠山哲郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    2. ストーリー 月給25万9000円の市長(その1) 夕張の「サンタ」の10年
    3. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    4. 南知多ビーチランド サンタが魚にもやってきた
    5. 大林宣彦監督 余命3カ月宣言から1年4カ月で映画完成「あと30年頑張る」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]