メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芳林堂書店

破産手続き開始決定 負債20億

 老舗書店、芳林堂書店(本社・東京)が26日、東京地裁から破産手続き開始の決定を受けた。東京商工リサーチによると、負債総額は約20億円。出版不況と大型店との競争激化で資金繰りが悪化、出版取り次ぎ中堅の太洋社(同)が自主廃業を発表し、取引先の変更も難航していたという。

     1948年設立。高田馬場店など東京、埼玉、神奈川の1都2県で9店舗を直営している。売上高はピーク時の92年8月期には約70億円に上ったが、2014年8月期には約43億5000万円にまで減少していた。直営店は、書泉(同)に事業譲渡することで合意しているという。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    2. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
    4. セクハラ疑惑 「ある意味犯罪」自民・下村氏が発言謝罪
    5. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]