メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪問事業所の就労、新たに認める

 経済連携協定(EPA)で来日した外国人介護福祉士について、厚生労働省は26日、新たに訪問介護事業所での就労を認めることを決めた。早ければ2017年度にも就労が始まる見通し。これまで特別養護老人ホームなどの施設に限られていた。訪問先でのトラブルなども懸念されるとして、有識者による検討会が今後、相談窓口の整備など必要な条件について議論する。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演
    2. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    3. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    4. 住居侵入 福山雅治さん方に 容疑のコンシェルジュを逮捕
    5. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]