メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「北斗の拳」も応援 新函館北斗駅に銅像

昨年7月、北海道北斗市の夏まつりに登場した「黒王号」の像=同市提供

 3月26日の北海道新幹線開業を盛り上げようと、新函館北斗駅(北海道北斗市)内に人気漫画「北斗の拳」の銅像が設置される。どんなキャラクターが登場するかは除幕される開業日まで秘密という。

     函館市に比べ、北斗市の知名度が今ひとつなことから、漫画を活用してまちおこしに取り組む市民有志が企画。昨年7月の夏まつりには、登場人物ラオウの愛馬「黒王号」像が参加した。

     銅像は高さ1.9メートル、重さ約700キロ。著作権管理会社ノース・スターズ・ピクチャーズの監修で、市民らの寄付で制作する。市民有志の一人は「北斗の拳とのコラボに『一片の悔いなし』」と胸を張る。【遠藤修平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. WEB CARTOP 【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選
    2. WEB CARTOP 「雪道の立ち往生で罰金」報道でスタッドレスにもチェーンが必須という誤解発言
    3. WEB CARTOP [憶えておいて損はない]雪道でスタックしたときの脱出方法とは
    4. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
    5. WEB CARTOP 【意外と知らない】雪道走行後の洗車は愛車を傷つける危険大!

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]