メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファウルボール訴訟 失明女性との和解協議決裂 札幌高裁

 札幌ドームで2010年8月、プロ野球を観戦中にファウルボールが当たり右目を失明した札幌市の30歳代の女性が、北海道日本ハムファイターズなどに計約4660万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、5回目の和解協議が26日、札幌高裁(佐藤道明裁判長)であったが、協議は決裂し、5月20日に判決が言い渡されることになった。

 原告側代理人によると、原告側は責任の所在を明らかにすることや安全対策の改善などを求めてきたが、球団側と主張が折り合わなかったという。

 この訴訟を巡っては、原告側が「球場の安全管理に欠陥があった」と主張し、球団側は「場内アナウンスなどで注意喚起した」と反論。1審・札幌地裁判決は原告側の訴えを全面的に認め、球団などに計約4200万円の支払いを命令。球団側は不服として控訴した。

 高裁は昨年10月、双方に和解を勧告。当初1月29日に予定されていた判決を延期し、協議を続けていた。【山下智恵】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 座間9遺体 「数やってるから死刑」逮捕前、知人女性に
  2. 座間9遺体 「ここにいます」クーラーボックス指さし
  3. 座間9遺体 孤独感つけ込まれ 容疑者と交流の女性
  4. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
  5. 北朝鮮 金正恩氏、暗殺恐れ専用車乗らず レクサス搭乗か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]