メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「貪欲に勝ち取りに」SR前にサンウルブズ

開幕戦に向け握手するサンウルブズの堀江主将(左)とライオンズのホワイトリー主将=秩父宮ラグビー場で2016年2月26日、荻野公一撮影

 ラグビーの世界最高峰リーグ「スーパーラグビー(SR)」に日本から初参戦するサンウルブズが、初戦となる27日のライオンズ(南アフリカ)戦を前に26日、試合会場の東京・秩父宮ラグビー場で記者会見した。堀江翔太主将(パナソニック)は「とりあえず1勝。貪欲に勝ちを取りに行きたい」と意気込みを語った。そして「明日は歴史的な試合。僕らは体格は小さいが80分間、挑戦し続けたい」と力を込めた。この試合の一般販売チケットは完売している。

     今季のSRは南アフリカや豪州などの18チームで争う。レギュラーシーズンは7月まで各チーム15試合を行い、8チームによるプレーオフの決勝は8月6日に行われる。開幕日の26日には、マレ・サウ(ヤマハ発動機)が先発したブルーズがハイランダーズ(ともにニュージーランド)を33−31で破った。【荻野公一】

    昨年W杯日本代表選手のSR所属チーム

     【サンウルブズ】稲垣啓太、三上正貴、木津武士、堀江翔太、大野均、真壁伸弥、日和佐篤、立川理道、山田章仁、田村優【レッズ=オーストラリア】五郎丸歩、ツイ・ヘンドリック【レベルズ=オーストラリア】松島幸太朗【チーフス=ニュージーランド】リーチ・マイケル、山下裕史【ハイランダーズ=ニュージーランド】田中史朗【ブルーズ=ニュージーランド】マレ・サウ

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高畑容疑者 花王、母の淳子さん出演のCM中止
    2. 五輪陸上 表彰式でブーイング 観客、銀の仏選手に
    3. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    4. 全日空 5カ月公表せず B787、国際線でトラブル発覚
    5. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]