メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

21歳渡辺雄太の挑戦(その1) NBAは夢ではない

相手ディフェンスと対峙する渡辺=ジョージ・ワシントン大で、田中義郎撮影

 スタンドの歓声が響く。昨年12月、米国の首都ワシントンにあるジョージ・ワシントン大体育センター。同大バスケットボール部の渡辺雄太(21)は、セットン・ホール大の屈強な男たちと対峙(たいじ)していた。後半開始から3分が過ぎ、左サイドでパスを受けた渡辺はドリブルで切れ込み、ゴールリングめがけて跳んだ。両手で持ったボールをたたき込む。ダンクシュートをいとも簡単に決めてみせた。

 「NBAは夢ではない」。身長203センチ。米国人に負けない高さを誇る渡辺は、表情に自信をみなぎらせ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです