メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる中東

アラブの春5年・第2部/4 カタール、積極介入に転換 思惑外れ、摩擦生む

ムスフィル教授

 2011年8月24日、リビアの首都トリポリにある最高指導者、カダフィ大佐(当時)の居住区前に赤茶色と白を基調とするカタール国旗が掲げられた。民主化要求運動「アラブの春」に触発された反カダフィ派は約半年に及ぶ内戦の末、政権の中枢を制圧。異国の空に翻った旗は、独裁打倒の「陰の主役」を如実に表していた。

 内戦終結の決め手となった北大西洋条約機構(NATO)主導の軍事介入に際し、カタールは根拠となった国連決議を支持するようアラブ連盟に働きかけ、空爆にもアラブ諸国で真っ先に参加した。

 カタール政府は当時「リビアでの大量殺人を止めなければならない」と介入を正当化したが、実際の動きは民…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです