メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『生物はなぜ誕生したのか…』=ピーター・ウォード、ジョゼフ・カーシュヴィンク著

『生物はなぜ誕生したのか−生命の起源と進化の最新科学』

 (河出書房新社・2376円)

姿をあらわす地球大変動と大絶滅

 イギリスの古生物学者リチャード・フォーティが、地球生物進化の壮大な通史『生命40億年全史』を書いたのは、一九九七年。二〇〇三年の邦訳を、私もこの欄でとりあげた。経験と広い視野、軽妙な語り口を武器に初の通史に挑んだベストセラーだ。

 二〇年後、アメリカで活躍する二人の地球科学者が本書を書いた。タイトルは、「新しい」をキーワードにし…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1488文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです