メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長 再び保釈
今週の本棚・この3冊

スキャンダル みうらじゅん・選

 <1>パティ・ボイド自伝 ワンダフル・トゥデイ(パティ・ボイド、ペニー・ジュノー著、前むつみ訳/シンコーミュージック/品切れ)

 <2>グリニッチヴィレッジの青春(スージー・ロトロ著、菅野ヘッケル訳/河出書房新社/品切れ)

 <3>安部公房とわたし(山口果林著/講談社/1620円)

 1991年、元ビートルズのジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンが揃(そろ)って来日、コンサートを行った。当然、気になったのはクラプトンがジョージを前に「レイラ」を歌うか、歌わないか?である。このロック史上に残る名曲はクラプトンが元・ジョージの妻、パティ・ボイドに捧(ささ)げた歌として余りにも有名で、後に略奪婚を果たしたクラプトンがどの面下げて歌うのか? 僕を含めた観客はスキャンダル雑誌の記者のように、今か今かと待ち構えていたのである。

 結局、歌わなかった。「そりゃ、いくら何でも歌えないだろ」、会場を後にする観客からそんな声も聞こえて…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1158文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです