メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和平協議を3月7日再開目指す

シリアの勢力分布

 【カイロ秋山信一、モスクワ真野森作】内戦下のシリアで27日、一時停戦が発効した。2012年夏に戦闘が激化して以降、本格的な停戦は初めて。戦闘はほぼ収まっているが、首都ダマスカス郊外などでは27日も小競り合いが起きた模様だ。国連は3月7日に和平協議を再開したい考えで、停戦の持続が焦点となる。

     複数の反体制活動家によると、政権側の空爆は停戦発効とともに沈静化。徹底抗戦の構えだったイスラム系の反体制派有力組織「アフラル・シャム」も当面の停戦順守を決めた。反体制派が実効支配する北西部イドリブ県の記者アブ・バラアさん(27)は電話取材に「連日続いた政権側の空爆は止まり、反体制派も停戦を守っている」と述べた。

     一方、ダマスカス南郊や北部アレッポ県の反体制活動家は電話取材に「政権側が反体制派への銃撃を続け、停戦に違反している」と証言。政権側の国営メディアも「武装勢力がダマスカスの住宅地に向けて砲撃した」と報じ、非難の応酬となっている。

     「(内戦下の)過去5年でシリア国民が事態の好転を期待できる最大の好機だ」。和平協議を仲介するデミストゥーラ国連特使は27日、停戦の持続に期待感を示した。特使は「小さな問題が起きても、すぐ制御するのが重要だ」と述べた。

     一時停戦は米露などが提唱。アサド政権とクルド人勢力が停戦を受諾し、反体制派主要組織も「政権側の動向を見極める」として2週間の限定付きで停戦に応じた。ただ、第三者による停戦監視の枠組みはなく、履行状況の確認は難しい。

     また、過激派組織「イスラム国」(IS)と国際テロ組織アルカイダ系「ヌスラ戦線」は停戦の対象外とされた。反体制派の一部はヌスラ戦線と共闘関係にある。ヌスラ戦線のゴラニ指導者は徹底抗戦を呼びかける声明を発表。中部ハマ県では27日、政権側支配地域で自動車爆弾テロがあり、ISが犯行声明を出した。

     アサド政権を支援するロシアは27日、「停戦に参加する勢力への空爆を完全に停止した」と発表。同日に限り、「誤爆を避けるため」に全土で露軍機の飛行を停止したという。「テロ組織」の排除を掲げるロシアの空爆が、ISやヌスラ戦線に限定されるかどうかが停戦維持のカギになる。

     ロシア軍参謀本部・作戦総司令部長のルツコイ陸軍中将は会見で「米露による停戦合意を支持する国連安保理決議を考慮し、誤爆の可能性を排除するため、27日はロシア軍機のシリア上空での飛行は実施しない」と述べた。

     ルツコイ中将は「(ロシアが規定する)空爆対象から除外すべき74地区の正確な位置を米軍に渡した。米側からも同様の地図を受け取った」と語った。

     和平協議は先月、約2年ぶりに開かれたが、反体制派とテロ組織の線引きなどを巡って紛糾。本格協議に入る前に決裂した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    3. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    4. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    5. ORICON NEWS サントリー、ビール広告動画が公開中止 内容に「下ネタ」と批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]