メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

半世紀ぶり再開 熊本・草千里

約50年ぶりに行われた草千里の野焼き=熊本県阿蘇市で2016年2月27日午後1時14分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 熊本県阿蘇市の観光地・草千里で27日、1968年以来、約半世紀ぶりに野焼きが再開された。草千里は2010年の口蹄疫(こうていえき)騒動で放牧が中止されて以降、草が伸びるなどして荒廃が始まっている。そこで官民一体の実行委を結成し、野焼きで草原再生を目指すことになった。

     草千里では、約50年前から放牧した牛が伸びた草を食べ、景観を保っていた。しかし、宮崎県で起きた口蹄疫をきっかけに放牧をやめたところ、草原の一部が低木化するなどしているという。

     午後1時に火入れをすると、炎はすぐに広がり、総面積約75ヘクタールのうち、予定されていた北側の約30ヘクタールを約1時間で焼いた。【野呂賢治】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
    2. 福井・中2自殺 別の生徒が不登校 同じ副担任が指導
    3. 万引き 「自分の金使いたくない」福岡県職員を現行犯逮捕
    4. 福井・中2自殺 母親「教師のいじめ」 学校への不信感も
    5. 中国道事故 タイヤ落下の車の運転手を任意聴取 岡山県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]