メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国内で初、小頭症の子ども出産

 米疾病対策センター(CDC)は26日、米国内で初めて、蚊が媒介する感染症のジカ熱にかかった妊婦が、脳の発育が不十分な小頭症の子どもを出産したことを確認したと発表した。この妊婦は流行地のブラジルへの渡航歴があった。CDCは、ジカ熱が胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるとして、妊婦に対し、今夏開催のリオデジャネイロ五輪のためにブラジルへ渡航するのをやめるよう呼び掛けるとともに、パートナーの男性が渡航した場合は性交渉を控えるか、コンドームを使用して感染を防ぐよう求めている。

     CDCによると、ジカ熱が流行する地域への渡航歴があり、米国に帰国後、感染が確認された妊婦が9人いた。小頭症の子どもを出産した妊婦は、妊娠12週目までブラジルに滞在していた。このほか2人が流産し、別の2人は胎児の脳に異常が見つかるなどしたため中絶を選択した。ほかの2人は出産した子どもに異常はなく、残る2人は妊娠を継続しているという。【久野華代】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の全文
    2. 学校「指導死」シンポジウム 叱責後の自殺、防ぐ道は 全国の遺族ら集う 中区 /広島
    3. 原因不明まひ 61人、エンテロウイルス原因か
    4. 青森・中1自殺 「いじめがなければ、もっと生きていた」
    5. 自殺か 中2女子、列車にはねられ死亡 青森

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]